心労と愛社精神。

2017-01-07(Sat) 22:35  カテゴリ:仕事
  
年末、妹が緊急入院して心が休まりません(´;ω;`)


1
病院が年末年始の休みに入らないうちにと受診を勧めたところ、
思いのほか重病で緊急入院して1週間以上。


2
本人がつらいのはもちろんのこと、俺も想像以上にしんどかったのか、
翌日からの仕事でミスを連発し大変だった。


3
先輩からも『不調だけど何かあった?』と言われ、
単なる技術不足です...がんばります!!と答えながらも表情は冴えない。


4
入院先の病院ではスタッフのみなさんによくしていただいている。
正月をはさんで入院だから、説明や一言一言に気を揉んだだろうと思う。


5
幸い、早期の治療で症状は快方に向かっている様子。
年末最後の診察日、入院先、早急な治療の開始、俺が帰省していたタイミングなど、
いろんな偶然が重なって良い方向に進んでよかった。


6
自分が努めている会社の同じ系列病院での入院。
今まであまり意識してはいなかったが、身内が入院するとなると心強かった。
スタッフも厳しい感じの人は見当たらず、
病棟だけでなく受付や検査の人も穏やかで安心して任せられる。


7
『あそこの病院なら大丈夫』と言ってくれる人も多いし、
会社の社是に共感して熱烈に志望して入社したという社員の話もよく聞く。
ボランティアの方も老若男女問わず多数来ていただける。


8
妹の入院をきっかけに、会社に対する世間一般の評価も再認識した。
自分がこうありたい、期待に応えたいという思いも持つことができ、
心を新たに新年を迎える結果になった。


9
治療に専念して、早く退院できますように。
面会を続ける母もしっかり休めますように。
自分のことは忘れて新年のお願いをしておいた。


+-+-+-+-+


今日はバレーやってきた。
ものすごくいい動きができて、肩の調子もよくてすごい楽しかった。
年末からの積もり積もったストレスが晴れた気がする(*´v`*)

研修はキツいけど時間は楽。

2016-08-20(Sat) 01:10  カテゴリ:仕事
  
適応できれば一生安泰、できなければ退職もやむなしと言われる
2ヶ月間の研修が始まりました\(^o^)/


1
技術的・知識的に今までの業務からは飛躍的に難しくなる。
研修をはじめて3日、はやくもボロボロになった。


2
以前から不安は強かったけれども、案外やってみたらできることも多かった。
幸い周りの人がみんな優しいから挫折せずにひとつひとつ乗り越えられている。



3
大変!!吐きそう!!!とか言いながら、ちゃっかりバレー行ったりもしてるし、
きちんとストレスは発散できている。


4
5時起き、20時帰宅(残業3時間)の今までと比べると、
7時半起き、19時帰宅(残業なし)は時間的には相当楽。
研修でぐったりしても、自分の時間もあるし寝る時間もだいぶ余裕がある(*´v`*)


5
残業が少ない分、給料的には6〜8万くらい減るけど全然気にならない。
しかも、自分が行きたかった場所での研修だから、そこで働けて嬉しいくらい。


6
仲の良い同僚(しろたんに似てる)が今月末で辞めてしまう。
職場で唯一、一緒にご飯行ったりしているから本当に寂しい(´;ω;`)


+-+-+-+-+

明日1日休んで、地獄の4連勤。
ひとつひとつ習得して、早く先輩方と肩を並べたい。

自分をほめてあげたくなる日。

2016-07-21(Thu) 21:57  カテゴリ:仕事
  
暑い、暗い、しんどいの3拍子揃った現場で地獄の4連勤。
3日目まで順調に終わって、すごく嬉しいできごとがあった(*´v`*)



2
あ、こないだの休日、すごい晴れたから日焼けしに行った。
河川敷を半裸でちゃりんこ激走&土手で岩盤浴。


3
5時間ほどで異常なほど焼けた。
職場でも会う人会う人に『焼けましたね!!山か海ですか?』と聞かれる。
かっこよくなったとは誰も言ってくれないw


4
連勤でいちばん疲れがたまるのが3日目。
終わりがけに嬉しいことがあった。


1
血管がめっちゃくちゃ細くて、しかも緊張してる女の子の採血。
できないことはないと思って案内したら、
大嫌いな豚女から『無理な奴送ってくんな。代わりにやれ。』と
交代を命じられた。(もし女の子に聞こえて気分を害したらとか一切考えない)


5
寒さと緊張、萎縮もあったんだと思う。
平静を装ってニコニコと話し、手を温めてもらい、
しばらくしたらリラックスしてくれたのか血管がしっかり出てきた。
それでも細い血管を、慎重に採血を成功させた\(^o^)/


6
好きな先輩から『さすが!!』とほめてもらい、
女の子もホッとした様子で笑顔で帰って行った。

採血が成功したことも嬉しかったが、
豚女を見返したこと、好きな先輩に認めてもらえたこと、
女の子が(最終的に)嫌な思いをせず帰ったことが何より嬉しくて、
自分がまたひとつ成長したという実感を得ることができた(*´v`*)



+-+-+-+-+


嫌いな人との勤務の今日が最大の山場だった。
明日いい感じで締めくくれますように(*´v`*)

共通の敵は結束を強める。

2016-07-02(Sat) 03:04  カテゴリ:仕事
  
先日、職場で言い争いをしてしまいました。しかもスタッフ同士\(^o^)/
俺が唯一大嫌いな豚女が、あることないことやいやい言ってくるので
珍しく反論したら威圧的な態度で恫喝してきた。
言い争いというか、一方的に感情的な暴言を言ってきただけで、
俺は淡々と反論してただけなんやけど...ケンカには変わりない。


1
当日の夜に上司に報告し、先輩の何人かに事の経緯を説明した。
その場にいた全員は俺の味方であることが判明。
というか、みんな豚女が嫌いということがわかった。
顔も見たくない、関わり合いたくないという人ばかり。


2
(怒ったことないでしょ?と言われるくらいいつもニコニコしてる)俺が
しかも現場で言い争いになったことは衝撃だったようで、
翌日には職場の全員に知れ渡っていた(・`д・´;)

先輩方は、再度何かがあった場合はフォローしてくれること、
何かある前にメンバー替えやポジションチェンジも検討することなど
明確に味方であることを伝えてくれて安心した(*´v`*)


3
一方、豚女に対しては『異動したらいいのに』『クビになれ』等、
上から下まで意見が一致していて気持ちがいい。
表に出さなかっただけで同僚はおろか先輩にまで悪態をついていた様子。

個々で苦手な人は当然いるだろうが、
今回俺がケンカをしたという事態をきっかけにして、
実はそれがみんなの共通の敵だったと認識する結果となった。

それから数日でやたら結束が強まったように感じる。
今まで仲よかった人とはさらに仲よく、
厳しいと思っていた先輩とは急に打ち解けたのが実感できる。


4
幸い、他の部署の女の子の家にお呼ばれするという降って湧いた幸せもあり、
気持ちの面ではきちんとリフレッシュできている。
コロコロとハンカチ、ケーキを持って行った。


5
仕事はなんといっても人間関係に尽きる。
幸か不幸かそれを痛感するできごとだったし、
先輩方は俺のことを温かく見守ってくれることがわかったのはいい収穫だった(*´v`*)


+-+-+-+-+


今月は地獄の4連勤が3回。
しかもうち1回は条件の悪い現場で今から苦労が予想される。
暑さを乗り切ってがんばろう...!!

血まみれボーナス。

2016-06-21(Tue) 02:24  カテゴリ:仕事
  
本日はボーナスでした\(^o^)/
まぁ、そんなことはどうでもいいんですが...。


1
血液を爆散させて、全身血まみれになりました(´;ω;`)
人から採取した検査用血液を注射器からスピッツ(試験管)に注入する際、
シリンジ(注射器本体)と針の接続が甘く、
注入圧で外れて霧吹き状にブシュッと血液が噴射されてしまうという大惨事。
あと数人で仕事が終わるというタイミングで最悪。


2
2mlという量ながら、半径1mはひどい有様。
衣類はもちろん、顔、テーブル、端末に至るまで本当に血まみれ。
一瞬何が起こったかわからず呆然とするも、
血液が拭ききれないことを察知し平然と検査を続行www
検査受けてる人も、待ってる人も、誰一人騒いでなかったのが逆に不気味やったわ...。


3
これは始末書モンや...ボロクソに怒られて余計にヘコむ...。
と思いきや、いつもは厳しいチーフ(怖いわけではない)が、
『慌てなくていいからいつも通りに仕事して、
終わった後も時間はまだ余裕があるからきれいに拭いといてね(ニッコリ)』と
異常なほど優しくて心底安心した(*´v`*)

まさかの友こそ真の友、トラブルで人の本性が出る、などと言うけれども、
窮地に追い打ちをかけず優しく接してくれた先輩が本当にありがたかった。
自分もそういう先輩になりたいと心に刻みこむ出来事だった。



4
先輩は『何事も経験だからね。』と言っていた。
返り血を浴びるような経験はしたくないものだが、
それによって先輩の優しい面に触れることもできたし勉強にもなった。
ひとつ成長させてもらったと考えるようにしよう。


+-+-+-+-+


ボーナスどころの話じゃなく後処理も精神面も大変だった。
明日お休みだから何買うかゆっくり考えよう...。
プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: