相談に乗ってもらって霧が晴れる。

2017-09-17(Sun) 00:55  カテゴリ:バレー
  
眠れない、異常に疲れる、イライラするなど、
典型的な鬱状態でどん底にあったバレー問題。
信頼してる人に相談に乗ってもらった。

自分がやりたいようにやるのがいちばんというのは
他の人との共通の意見。やっぱりそうか。
俺がいちばん気に病んでいたことについて考え方が一致していたので
本当に救われた気がして目の前が一気に晴れた。


じゃー、その実現のためにどうするのかという実際の行動は
まだ困難が伴うけれども、心が落ち着いていれば関係ない。
目標に向けてひとつひとつクリアしていくだけ。

いずれ人数が増えてくるとまた問題が出てくるのはわかっている。
それについても、あらかじめ対策を考えておくことにする。

+-+-+-+-+

明るい気持ちで、今日はバレー婚活なるものに参加してきた。
10人くらいに連絡先を聞く行動力w
恋愛そっちのけでスカウト活動をして、
おひとり、レベル、キャラ的にすごく魅力的な方を見つけて
今連絡をとりあっているところ。


1
チームとして活動するにあたってボールは必需品。
ということで、自宅にボールが5コあるとんでもない状態(*'v'*)


2
かっちょいいiPhoneケースも購入し、
本格的にがんばろうと気持ちを新たにした。


+-+-+-+-+

車を買うべく、駐車場も選定してあとは契約するのみ。
生活がちょっと軌道に乗ってきた!!

性格が変わるほど悩んで眠れない。

2017-09-11(Mon) 12:24  カテゴリ:バレー
  
元来ポジティブで自信満々な性格なのに、
ここ最近は悩みを引きずったり、自分に自信がもてなかったりで
性格が真逆になってしまったように感じている。
裏を読んでネガティブに考えてしまい、
何でもない言動を推察しすぎて傷ついたり。

職場でも複数の人から『元気ないけど大丈夫?』と声をかけられ、
考えすぎて眠れない日もちょくちょくあって、
何のためにバレーやってるんだか全くわからない。

+-+-+-+-+

調べてみると、サークル運営に悩んだ結果、
自分が辞めるという選択をしている代表が非常に多いことに気付いた。
特に、周囲に細やかに気遣いをする、まじめで、思慮深い、
不言実行タイプで根回しもきっちりやる人ほど。
完全に俺やんか...(´;ω;`)

逆に長続きする運営としては、独善的で、周囲の意見はあくまで意見として聞き、
自分勝手にやるくらいの代表の方がいい様子。
それはネットでも、友人の意見からもはっきり見えてきた。

+-+-+-+-+

自分が前に出ることを良しとしない性格上、難しい面が多い。
でも、自分がやりたいことをやるためには、そうも言っていられない。
嫌なことを考えすぎるのはやめて、良くするために考えすぎることにする。

サークルとしての目標設定、各メンバーの義務、やってはいけないことなど、
明文化して共有しておけば衝突は少なくなるだろうし、
なんとなくやるのがいちばん悪いというのが結論。

+-+-+-+-+

Raising Heartやってた頃はそれがはっきりしていた。
陸上部禁止、ペースは6.5min〜7min/km、食事は中華、
走る友達づくりが主な目的で、大会には主眼を置いていない。
それが共有できていたからこそ、50人規模のサークルでも
うまいこと運営できていたし、ストレスは何もなかった。

3年経ってメンバーの入れ替わりが増え、
そのあたりの共有ができず食事場所が変わったあたりから
少しずつ崩壊して悩み始めた。
結果としてチームをいったん解散し、
限られた人でたまに活動するようにしたらまた軌道に乗った。

+-+-+-+-+

ワンマンチームの方が多数の意見が衝突しないしうまくいく。
その反面、参加者が裏で代表への悪口大会をするのはどこも同じ。
いろんなチームに所属・自分で運営してきた中で、何度も見てきた。

しかしながら、一生懸命運営したチームに『自分の居場所』を感じてくれて
感謝されることも多々あったというのも事実。

10年前に一緒だったIrieの人とは今も連絡を取り合うし、
Raising Heart解散後も『けんちのおかげで走る楽しさを覚えた』など
嬉しい話を聞くこともある。運営中に言ってくれよとは思うが。

+-+-+-+-+


窮状を見かねて、気兼ねなく参加できるバレー場所を紹介してくれる人、
自分のチームに誘ってくれる人、フットサルや野球を提案してくれる人、
相談に乗ってくれる人、たくさんのサポートをいただきありがとうございます。
ひとつひとつが励みになり、なんとかくじけずに少しずつ進めています(*´v`*)

嫌われ役を引き受けるということ。

2017-09-09(Sat) 23:31  カテゴリ:バレー
  
バレーで旧友とたまたま会って、すごく機嫌よく楽しめた(*´v`*)
友人に楽しんでもらえるように自分は一歩引いてサポート役をする。
最近イライラして全く楽しくない日が続いていたけど、
楽しいかどうかにプレー内容は関係なかったんだと気付いた。
実際、ほとんどスパイクなんて打ってなかったしな。


例によって、みんなが嫌がることを引き受けた。
他のチームをコートから追い出すこと、
ポジションや内容の調整、その他根回し...etc。
友人の前で張り切っていたというのもあるけど、
今後チームを率いるための心づもりもできてきたし、
人数も多かったからやりやすかったし。

嫌なことを率先してやる意味は、2方向ある。
今までは『みんなに楽しんでもらおう』と思って無理にやってきた。
でも、先月のブチ切れ帰宅事件で改めて考えてみると、
別に感謝してもらえるでもないし、やらないと文句言われるしで
ストレス以外の何物でもない。
何より、そこまでしても自分のことは誰も考えてくれない(*´v`*)

一方、自分が楽しむためという方向性もある。
自分がやりたいことを、やりたいタイミングで、主導権をもってやる。
一般開放だと特に主導権とらないと何もできない。
今までは対人できればいっかくらいに考えていたけど、
チームとして活動して大会に出ることも考えないといけない。


メンバー全員が理解して動いてくれるのが理想やけど、
期待して、得られなかったときの疲労感が尋常ではない。
以前、体育館登録を依頼して快諾してくれたと思ったのに、
何もしてもらえなかったこともあった。
頼んで断られたり嫌がられたりするんであれば、
もう頼まない、関わらないで自分が引き受けてしまった方が楽。


+-+-+-+-+


自分のチームをつくるにあたって、
自分の好きなように人を集め、好きなようにコンセプトを決め、
好きなように運営すればいいというアドバイスを多数もらったのが先月。
試しに、男女比や招待チーム、ルールやレギュレーション等、
一般的にはあまり好まれない条件でやってみたいと相談してみたところ、
喜んで了承してくれた。

今後、ネットも含めメンバーをどうするかを詰めないといけない。
いくつか条件を設ける予定ではいるけど、
それも改めて相談するつもり。
これがうまくいけば後はどうでもいいと言っても過言ではない...!!!


+-+-+-+-+


気分転換に婚活パーティー行ってきた。
ルックスと年収を武器に11人中7人から好印象をいただくも、
意中の方とはカップリングできず涙の帰宅となったw

真面目な人が損をしないチームづくり。

2017-09-01(Fri) 14:01  カテゴリ:バレー
  
先日の激おこ事件を経て、チームづくりに関して加速度的に話を進めている。
旧知の友人に声をかけまくり、チームメイトに紹介を依頼し、
各方面で募集をし、体育館確保に奔走し、やることが山積してヒマがない。

+-+-+-+-+

真面目に奮闘しても損ばかりしてきた。
気軽にとか、楽しくとか、まずは自分がとか言われても、
他の人のことを気にして周囲に目を配ってしまう。
自分が100%楽しむより、全員が80%楽しむことを目標にしてしまう。

それが普通になってくると、そういう人だと思われるようになる。
自分がどれだけ尽力しても、周囲は自分に対して気を配ってはくれない。
今の自分の楽しみを重視して勝手な振る舞いをするのか、
チームのために滅私奉公するのか。

競技を問わずどのチームでも代表が直面する課題ではある。
ランニングチームのときも悩んだものだった。
それでも、解散後5年以上経った今も連絡をとり頻繁に会う友人がいるということは、
自分の努力を認めてくれているようで嬉しいし、
頑張った甲斐があったと胸を撫で下ろしている。
(走るのはひとりでもふたりでもできるというのも大きかったが)

+-+-+-+-+

バレーの場合、ポジションやレベルの面もあって一筋縄ではいかない。
En+G、Irie、エクスプロージョン、ガチプローリー、LIENそれぞれで
いろんな壁があり、どのチームもメンバー間の衝突や転勤等で消滅を余儀なくされた。

人を補充すれば、相性問題が起こる。
相性を重視すれば、人が増えずみんなのポジション希望を叶えられない。


そういったジレンマを抱えながらチームづくりをしないといけない。
なんだかんだで、6人揃うか揃わないか毎回ギリギリだった
エクスプロージョンの頃がいちばん充実してた。

+-+-+-+-+

結局のところ、ポジションを譲り合うということに集約されるわけで、
社会人サークルの場合、勝ちを目指すわけでもなく
各々がそこそこ満足して毎回参加できることを目標とすると、
前提を共有しないと揉める原因になる。

そこそこ、ということが肝要であると思う。
最大多数の最大幸福を目指すと、少数の大犠牲が発生するから、
全員で不利益を共有する方が、極端な幸せや極端な犠牲を生まず平穏である。
冒頭の、真面目な人が損しないというのは
まさにこういった不利益の共有だと考えるに至った。


+-+-+-+-+

といった旨を友人に相談したところ、
大筋で合意してくれて本当に救われた。
A friend in need is a friend indeed、まさかの友は真の友。

草野球チーム誘ってもらったり、お茶に連れ出してくれたり、
がんばってる姿を見てくれている人がいることに感謝。
いつもありがとう(*´v`*)


+-+-+-+-+


家にいると考え事ばかりで気に病んでしまうから、
車の商談に行ってきます。

追記。
ディーラー行った結果、購入するつもりでいたムーヴキャンバスより、
当初予定していたウェイクの方が機能面ではるかに上だったことに愕然とした。
でも、見た目で一目惚れしたからムーヴキャンバス買いたい。
早ければ来週くらいに決める。
プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: