足立の花火を見ながら。

2016-07-25(Mon) 22:44  カテゴリ:日常
  
1年でいちばん嫌いな日と言っても過言ではない、足立の花火大会。
友達が家に来た。


1
うちから徒歩1分の河川敷が会場ということもあって、
駅から家までの道が歩けないほど混むのはもちろん、
当日・翌日はゲロまみれゴミまみれうんこまみれの地獄絵図になる。


2
人ごみを避けるため、あらかじめ17時頃に集合し、うちで早めの晩ごはん。
開始まで2時間以上もあるのに、満員電車かと思うほど窮屈に歩いた。


4
雰囲気代と思って、テキ屋で高い焼きそばなどを買って食べ、
時間を見計らって河川敷に行くと、ちょうどいい場所が空いていて助かった。


5
花火にそこまで興味があるわけではないが、
宇宙飛行士を目指しながら、とある理由で挫折して花火職人に転向した
府中野新之介さんのことを思い出す。

(マンガ『ふたつのスピカ』『群緑の時雨』を参照のこと)


6
花火では緑を出すのがいちばんむずかしいらしく、
それでもふっちーの作る緑には独特の深みがあるんだとか。
マンガの中の話とはいえ、真剣にあれこれ考えるとあっという間に時間が過ぎた。


7
で、仕事についてもちょっと変化があった。
順番待ちしていた(乗り気ではない)研修が、ついに来月に決まりそう。


9
先週の面談では『近月中になるが、時期も場所もまだ未定なの』と言われていたが、
アキバの人から『来月からここなんだってね、よろしく!!』と声をかけられる。
複数、しかも上長も含めてこういう口ぶりだった。
俺の知らないところで話が進んでいる...!!!


8
研修は(というか勤務も)アキバがいいと常々言っていたから、
いざ決まってものすごく嬉しい半面、技術的に難しい研修だから不安の方が強い。
でもでも、馴染みの場所、気心の知れたメンバーの中だから安心(*´v`*)


10
2ヶ月間でそこの研修さえ終わってしまえば、
一人前として他の先輩とも肩を並べることができる。
逆に、そこが越えられずやめてく人もいるんやけど(´;ω;`)


11
みんなから『絶対大丈夫!!』『心配いらないよ!!』と応援してもらってるから、
なんとか期待に応えたい。当分は胃が痛いな...。


12
研修中はおそらく8時前起き。
いつも5時〜5時半、最悪4時半起きとかの毎日と比べると
睡眠時間は確保できるからそこは良しとしよう。


+-+-+-+-+


なんだかんだで、花火は間近で見られて迫力もあったし、
変化に富んでいてけっこう楽しかった。


仕事のこと以外でも、思うところがいろいろあって
近々同僚とご飯に行く予定。
それまでミスのないようにがんばらないと。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: