【具体策】交通事故時の対処方法3【後遺障害認定・弁護士依頼編】

2014-08-21(Thu) 21:19  カテゴリ:日本一周
  
【具体策】交通事故時の対処方法1【事故直後〜入院編】
【具体策】交通事故時の対処方法2【退院〜退院後の生活編】
【具体策】交通事故時の対処方法3【後遺障害認定・弁護士依頼編】
【具体策】交通事故時の対処方法4【後遺障害認定後の賠償額計算編】
【具体策】交通事故時の対処方法5【参考リンク】


交通事故賠償の最大の山場が後遺障害認定。
認定の有無で慰謝料は天地の差だから、後遺症は適切に認定してもらうこと!!!


【事故後1ヶ月〜】
保険会社から物損の連絡も何もなく、とにかく通院。
体を治すのを最優先にしながら知識を深めておく。


【事故後2〜3ヶ月】
チャリの修理見積書を出すも返事が3ヶ月ない。
こちらから書類で催促してようやく返事が来るが、納得できる内容ではない。
弁護士さんの無料相談を利用しアドバイスをもらった。
『物損は最終的に話し合うとして、まずは通院して人身の慰謝料獲得を目指す』ことに。
今思えば、無料相談は本当にざっくりしたことしか言ってくれないが
味方がいない状態で専門家に話を聞けるのは本当に救われた思いがした。

(数カ月後、無料相談を受けたこの弁護士事務所に正式に依頼をした)


【事故後4ヶ月~】
弁護士事務所に行き、今度は1時間5000円の有料相談を受ける。
(生命保険等に弁護士特約がある場合は相談や委任は無料!!!)
物損を証明する写真、物品のカタログ等集め、損害額を客観的に計算する。

自分が加入している生命保険のケガの補償は『事故後3ヶ月までの入通院』が対象。
指定の入通院証明書を入院先の病院、整骨院、転院後の病院それぞれで集める。
1週間程度で発行してもらえ、書類が整えば支払いはすぐだった。


【事故後6ヶ月】
相手方保険会社から治療の打ち切りを宣告される。
今まで治療費は全額負担してもらっていたが、これからは負担しませんということ。
一般的には3ヶ月〜遅くとも半年で打ち切り宣告がある。
しかし、今現在も週5ペースで通院していること、症状が残っていることなどを伝え、
ありがたいことに打ち切りを延期してもらうことができた。

なお、打ち切られたとしても、その後も通院して後遺障害が認められれば
通院費の還付・後遺障害慰謝料をもらうことができる。
明確な後遺障害が残りそうな場合は通院を続けること。


【事故後9ヶ月】
治療を続けても、右肩関節唇損傷と頚椎捻挫(むちうち)による
痛みと機能制限が軽減する見込みがなくなった。

MRI上で見てわかるキズが残っていたため、後遺障害認定を見越して
弁護士さんとの契約を開始した。

『こういう後遺症が残りました』という"後遺障害診断書"を病院で書いてもらう。
後遺障害診断書は事故賠償の最大の山場!!!
弁護士さんからのアドバイスや、調べて得た知識を総動員して乗り越えること。

保険会社からもらった紙を病院に渡して記入してもらうが、
ただ渡すだけでは絶対にだめ!!!

用紙をドクターに渡して、その場で書いてもらうのではなく、
診察の合間や終わってから片手間で書いてもらって1週間後くらいに受け取りに行く。
ドクター自身も後遺障害診断書について知識が深いわけではない。
つまり『何も指示せずに渡せば隙だらけの用紙が返ってくる』ということ。
もちろん、そんな用紙では後遺障害を勝ち取れない。


しびれや痛み、可動域の制限などを客観的な指標で計ってもらう。
医者からの所見欄に『快方に向かっている』『治癒傾向』などの言葉があると、
後遺症が残らないと誤解を与える。

『以上の症状を残して症状固定とする』とシンプルに締めていい。

俺の例でいうと、用紙のあちこちに30枚くらいふせんを貼って、
こういう書き方をしてほしい、こういう検査をしてほしいとお願いした。
他にも、日本一周中の事故で夢が断念されたこと、せめて適切な慰謝料を得たいこと、
旅先での事故で先生やPTさんによく診てもらえて感謝していること、
不躾ながら後遺障害診断書の書き方を調べてきたので参考にしてほしい、など
簡単にお手紙にまとめて渡したのが功を奏した。


このように、ドクターに対してお願いする点も多い。
こちらから話しやすく、またよく話を聞いてくれるドクターと巡りあうのが最大の条件。
後遺障害認定のときだけ違う病院を受診するのは不審だから、
事故当初から信頼できるドクターにかかっておこう!!!


+-+-+-+-+

最後は、後遺障害に認定されたあとのこと。
認定されてしまえば後の交渉はずっと楽になる。


【具体策】交通事故時の対処方法1【事故直後〜入院編】
【具体策】交通事故時の対処方法2【退院〜退院後の生活編】
【具体策】交通事故時の対処方法3【後遺障害認定・弁護士依頼編】
【具体策】交通事故時の対処方法4【後遺障害認定後の賠償額計算編】
【具体策】交通事故時の対処方法5【参考リンク】

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: