嫌われ役を引き受けるということ。

2017-09-09(Sat) 23:31  カテゴリ:バレー
  
バレーで旧友とたまたま会って、すごく機嫌よく楽しめた(*´v`*)
友人に楽しんでもらえるように自分は一歩引いてサポート役をする。
最近イライラして全く楽しくない日が続いていたけど、
楽しいかどうかにプレー内容は関係なかったんだと気付いた。
実際、ほとんどスパイクなんて打ってなかったしな。


例によって、みんなが嫌がることを引き受けた。
他のチームをコートから追い出すこと、
ポジションや内容の調整、その他根回し...etc。
友人の前で張り切っていたというのもあるけど、
今後チームを率いるための心づもりもできてきたし、
人数も多かったからやりやすかったし。

嫌なことを率先してやる意味は、2方向ある。
今までは『みんなに楽しんでもらおう』と思って無理にやってきた。
でも、先月のブチ切れ帰宅事件で改めて考えてみると、
別に感謝してもらえるでもないし、やらないと文句言われるしで
ストレス以外の何物でもない。
何より、そこまでしても自分のことは誰も考えてくれない(*´v`*)

一方、自分が楽しむためという方向性もある。
自分がやりたいことを、やりたいタイミングで、主導権をもってやる。
一般開放だと特に主導権とらないと何もできない。
今までは対人できればいっかくらいに考えていたけど、
チームとして活動して大会に出ることも考えないといけない。


メンバー全員が理解して動いてくれるのが理想やけど、
期待して、得られなかったときの疲労感が尋常ではない。
以前、体育館登録を依頼して快諾してくれたと思ったのに、
何もしてもらえなかったこともあった。
頼んで断られたり嫌がられたりするんであれば、
もう頼まない、関わらないで自分が引き受けてしまった方が楽。


+-+-+-+-+


自分のチームをつくるにあたって、
自分の好きなように人を集め、好きなようにコンセプトを決め、
好きなように運営すればいいというアドバイスを多数もらったのが先月。
試しに、男女比や招待チーム、ルールやレギュレーション等、
一般的にはあまり好まれない条件でやってみたいと相談してみたところ、
喜んで了承してくれた。

今後、ネットも含めメンバーをどうするかを詰めないといけない。
いくつか条件を設ける予定ではいるけど、
それも改めて相談するつもり。
これがうまくいけば後はどうでもいいと言っても過言ではない...!!!


+-+-+-+-+


気分転換に婚活パーティー行ってきた。
ルックスと年収を武器に11人中7人から好印象をいただくも、
意中の方とはカップリングできず涙の帰宅となったw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: