怖すぎて二度と行かない、三峰山!!

2018-02-12(Mon) 20:36  カテゴリ:登山
  
怖い思いをしてきました...。
家に無事着いたことに本当に感謝しています...(´;ω;`)


0
中古でリュック買った。
登山用じゃないけど、ハイドレーション入れたりできていい感じ。


1
登る山に応じてリュックが3つくらいある。
手狭だからロフトの適当なとこにフックつけた。


2
車でアイデアが浮かぶことが多く、
メモとペン用のスタンドを設置。


3
今日の山は三峰山。
960m、一般向けという本の情報から、
疲れすぎないちょうどいい山と判断した(*´v`*)
ふもとに道の駅があっておはぎ食べた。


4
広沢寺温泉の駐車場から、煤ヶ谷のバス停まで5km。
本にはバスで10分と書いてあったが、
事前の調査の結果、その方向のバスは一切出ていない。
歩いて1時間かけて登山口へ。


5
シカが市街地に侵入しないように柵がある(・`д・´;)


6
大きく足をあげてのぼるというよりは、坂がずっと続く前半。
わりあい軽快に進む。


7
途中から、片方の斜面が厳しくなる。
道幅も狭く足を滑らせたらと思うと怖い。


8
この先狭くて急で鎖場などある経験者向きで、
引き返す勇気も必要とのこと。これに従っておけばよかったか...。


9
両サイドが崖、道が本当に狭い(これでも広い方)、かなり急、
ところどころ凍っている、落ちたら死ぬなど悪条件満載(´;ω;`)

写真撮るどころじゃなく、足が震えてた。


10
両足を置けるスペースがない(踏み外したら死ぬ)場所もあり、
高所恐怖症としては身動きがとれない。
何度お尻歩きをしたか覚えられないくらいだった。


11
雪に覆われたゾーンは比較的広くてホッとしたくらい。


12
何度も何度も狭い崖ゾーンを越えてようやく山頂。
怖いから1秒でも早く帰りたい(´;ω;`)


13
景色も別に良くないし、さっさとご飯食べて出発。


14
登山はじめて気付いたけど、上りより下りの方がよっぽど怖い。
荷重が前にかかるとつんのめって滑落する。
危ない箇所にはロープや鎖が張ってあり、それを頼りにおりていく。


15
歩ける場所がありません(´;ω;`)
崩落して足1本置けないくらい狭い場所を、木につかまりながらお尻歩き。
人の体は、見ている方向に必ず向かっていく。
どっちなら落ちても死なないか(崖が緩いか)を見て必死に進む。


17
里におりてきたときの安心感ったらもう...。
誰かと一緒に来なくてよかった。責任とれんわ...。


16
最後の最後に最難関スポット!!!
明かりが全くないトンネル200m。
iPhoneのライト機能を使って、大声出して、全力で走った。
それまで何度も足がつっていたのに、全力疾走で足が悲鳴をあげる。


+-+-+-+-+


体力的には全然問題ない山だけれども、
死ぬかもしれないと思いながらのぼるのは相当神経をすり減らした。
高所恐怖症には向いてない趣味やなぁ...。
安全が保証された山のぼるのがいいんやろなぁ...。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: