棒ノ嶺こんなに楽しかったのか!!!

2018-05-14(Mon) 01:03  カテゴリ:登山
  
3ヶ月前、初めて車登山に出かけたのが秩父の棒ノ嶺。
そのときには味わえなかった楽しみがあった。


1
前回行ったのは2月。雪が積もってるだけの普通の登山だった。


2
新しいバーナーとOD缶を購入したが結局持っていかなかった。


3
うんち用のトレペホルダーも今回はナシ。


4
自宅から2時間弱かけてさわらびの湯に到着。
後半、カーブが続く細い山道で車の練習としても最適。


5
有間ダムの前に謎のオブジェ(´・*・)


6
前回、下名栗の方からのぼってさわらびの湯に出るルートだった。
普通の登山といった感じで人気の理由がわからなかったが、
本来は有間ダムの横の登山口から行くみたい。
楽しさが全然違うから注意!!


7
さらさら流れる小川を渡りながら進む非常に気持ちいい道(*´v`*)
音も、しぶきも、においも疲れた心によく染み渡る。


8
石を渡っていく場面も多く、濡れて滑らないよう注意しないと危ない。
ちびっこや初心者もいっぱいいたけど、けっこう怖い。


9
岩をよじのぼるようなところはなく、左右に渡ってサイドの岩場をのぼって
少しずつ上に向かっていく。新鮮で楽しい!!!


10
悪天候の翌日は増水して危ないだろうな...。
ただでさえ、岩が鋭くてこけたら頭切りそう。


11
うーん、飲みたい(`・ω・´)
川の水は寄生虫がおそろしい。


12
水場エリアがすぎると、鎖を頼りに岩に手足をかけて進んでいく。
ちゃんとした靴じゃないと滑る上に靴底に刺さって貫通しそう。


13
山頂に到着(*´v`*)
天気がよくなかったので景色はイマイチ。
道中は暑くてTシャツ1枚でも、山頂では上着がないと寒かった。


14
恒例のスープごはん。
今日はまつたけのお吸い物にご飯を突っ込んで食べた。
ワンタンスープやポタージュスープよりもご飯に合うしおいしい。


15
雨予報だったため長居は禁物。足早に帰路につく。
上りよりも下りの方がスリリング。
しっかり足場を確保して足を進めないと滑って落ちる。


16
履いててよかったモンベルの靴(ダイマ)。
濡れた岩場でも食いついてくれるから安心。
前々から困っていたくるぶしの痛みは、使用前に靴を揉めば解消された。


17
雨が降り始めてきたから12時の時点で急いでおりてきたのに、
これから登り始める人がちらほら見えてびっくりした。
滑るのも危ないけど、濡れると体力の消耗ひどいから死ぬで...。


18
帰ってから調べたら、毎年のように滑落事故があり、死亡例まで見つかった。
麓から山頂まで(都心の街中でも)圏外のソフトバンクは解約しようと強く誓った。
地図を見たり、遭難時に連絡したりするのに、
ずっと圏外のソフバンは役に立たんわ...!!!


19
雨も強くなりはじめたが、車で帰る前に銭湯で一休み(*´v`*)
風呂上がりに畳の部屋で横になるのがすんごい気持ちよかった!!!


20
ほどよい難易度、楽しい行程、駐車場が停めやすくて銭湯もあるし
陣馬山→高尾山よりもいいかもしれない。また来よう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けんち

Author:けんち
2012年4月〜2014年5月に
自転車で日本一周。
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: